潰しても良いニキビ

 

潰しても良いニキビとは?潰す方法とタイミングについてご紹介します!

 

まず、にきびは潰してはいけないというのが通説になっているかもしれません。

 

基本的には潰さないという認識で問題ないのですが、場合によっては潰した方が早く治る場合があるのです。

 

では、先に何故潰してはいけないのかということを知っておいた方が良いです。

 

その理由には、顔に傷が残ってしまうことです。

 

悪化した状態のニキビを潰すことで真皮部分に傷がついてしまい、それが赤い跡のようなものになってしまうことがあるのです。

 

しかし、白ニキビと呼ばれる、初期段階の場合には、皮脂を取り除くことによってアクネ菌の繁殖を抑えることができるのです。

 

ニキビ跡は日焼けしやすので、シミなどにも注意が必要です。

 

ニキビを潰した際に出る透明な液体は、浸出液といわれ傷を早く治してくれます。

 

成長因子やサイトカインという成分が含まれていて、この液体で潤った状態を保つことでの湿潤療法がニキビを綺麗に治すコツになります。

 

黄ニキビは白血球とアクネ菌が戦った後の死骸が含まれている状態です。

 

そのまま放っておくと他の毛穴と結合して炎症が広がる可能性もあるようです。

 

そのため表面のみに小さな穴を開けて膿を取り出してきちんと消毒をすれば徐々に自然治癒で治っていくのです。

 

その他に洗顔料や洗顔の方法が間違っているとニキビが出来ないような肌にはならないのでキチンとした洗顔を心掛けると良いですね。

 

 



>>Eclat Charme(エクラシャルム)の公式サイトはこちら!







>>Eclat Charme(エクラシャルム)の公式サイトはこちら!